保育理念

愛情あふれる保育

子どもが心身ともに、ゆたかにすくすくと成長するように、人間に対する尊厳と尽きせぬ愛情を持ち続けて、愛情あふれる保育を行う。

幼児の生活環境並びに保育の仕方が、その子の人となり ひいてはその子の将来の決定に、どんな役割を持つものであるかを 身をもって思い知る私たちであります。それ故に、私たちはどんな困難、どんな障害にあっても、人間に対する尊厳と尽きせぬ愛情を持ち続けてその幸せを願い、私たちの子ども、私たちの園児が身も心も清く、ゆたかにすくすくと伸びて行きますように、すべての保育の場を童心に対する愛情でうずめ尽くす信念であります。(創設者の言葉)

創設者 福田豊作は早稲田高等学校の教頭の職を定年後、乳幼児期の生活・教育こそが人格形成、その子の人生の基礎になるとの思いから、昭和36年に小平の地で保育園を開園しました。創設者の言葉にある「すべての保育の場を愛情でうずめ尽くす信念」をもって、保育をすることを法人として大切にしています。乳幼児期に自分は愛されているという実感をもつことが、自己肯定感を育みます。大切にされて自分を大切にすることを知り、周囲の人への信頼感をもつことが周囲の人、物、社会を大切にすることにつながります。どんな時代であっても自分らしく社会と関わって生きていく上で根本となる重要なものです。保育実践を続け半世紀を超えましたが、今の時代だからこそ丁寧に取り組んでいきたいと考えています。

保育方針

「愛情あふれる保育」を実践するために

子どもが心地よく生活できる環境を整備し、子どもの気持ちに寄り添います。その子らしく生き生きと遊び生活できるよう配慮し、様々な実体験を通して自ら育つ力を引き出します。自分を表現し友だちと一緒に生活する中で人とかかわる力、仲間とともに生きる力を育みます。

保護者とともに育てるために

保護者と園は車にたとえるなら両輪のようなもの。どちらかが大きすぎたり勝手に動き出したらバランスが崩れ、上に乗っている子どもを支えることはできません。子どもを真ん中に手をつなぎ、個々の育ちを認め喜び合えるよう配慮します。職員の専門性を高めて保護者を支えます。関係機関と連携し見通しをもってその子の発達を捉えます。

地域の子育ての拠り所であるために

地域の子育ての拠点として子育て支援や世代間交流に積極的に取り組みます。子どもたちにとって今、大切にしなければならないこと、社会福祉法人として社会に求められていることを踏まえ、地域の特性を生かした取り組みを行います。地域や関係機関と連携し、みんなで子育てを行い子どもを守る地域社会をつくります。

保育目標

明るい 元気な子ども

  • 主体的に遊べる環境の中で、好きなあそびを楽しむ。
  • 思い切り身体を動かす。
  • 友だちと遊ぶ楽しさを重ねる。
  • 自分の思いを相手に伝える。
  • 生き生きと自分を表現する。

情操ゆたかな やさしい子ども

  • 自然や動植物に触れ、好奇心や豊かな感性を育む。
  • ごっこあそびや絵本に親しみ、空想や想像の世界をこころゆくまで楽しむ。
  • 人とのかかわりの中で、相手を思いやる気持ちをもつ。
  • 心を動かす経験を重ねる。

自分のことは自分でする子ども

  • 探索活動を十分にして、発見や喜びに共感してもらいながら意欲が育つ。
  • 自分でしたいという気持ち、自我の育ちを大切に、基本的な生活習慣を身につける。
  • 自己主張や葛藤をくり返しながら、気持ちを切り替え、感情をコントロールできるようになる。

根気強くがんばる子ども

  • 意欲をもって挑戦する。
  • できないからあきらめるのではなく、最後までやり遂げる。
  • 様々な活動に取り組む中で、試行錯誤し自分で考えて行動する力が育つ。
  • 友だちと力を合わせる楽しさ、一緒にやり遂げる喜びや充実感を味わう。

ゆたか保育園で大切にしていること

かけがえのない乳幼児期、日々成長していく一人ひとりの育ちを捉え、見守り声をかけ手を添えてあたたかくサポートしています。興味関心、意欲をもって取り組める環境を整え、様々な実体験を通して、子どもが自ら学ぶことを大切にしています。同年齢や異年齢の仲間と共に生活し夢中で遊ぶことを通して、しなやかな心・丈夫な体・これからを生きていく力を育みたいと考えています。

ゆたか会の保育園の特徴

乳幼児期だからこそ保障できる、しなければならない、愛情あふれる心地よい環境と時間。その中で、自ら育っていく子どもたち。一人ひとりの思いに寄り添い、見守り手を沿え言葉をかけて自我の育ちを支えます。丁寧な保育の中で子ども自身が感じる愛されている実感が、自己肯定感を育みます。

安心できる環境、学びに満ちた環境の中で、興味関心を広げ、自然に親しみ、絵本に心を動かし、実体験を重ねる。それが、自分を表現する力、人と関わる喜びや思いやり、かけがえのない学びにつながります。日々の生活も遊びも活動も行事も、結果ではなく過程が大切、子どもが今、何を学んでいるのかに注目し、その学びを深め発展させることを大切にしています。

おもしろい、どうしてかな、やりたい、こうしようかなと、自分の手や体を動かして感じる、思いを巡らし考える、仲間や大人と一緒に取り組むことで、様々な気持ちを経験し、うれしさや達成感と共に経験が体にしみ込んでいく。温かくしなやかでたくましく心が育っていく。それこそが、小学校での学習につながる力、これからを生きていく力です。

時間に追われる現代だからこそ、一斉ではなく一人一人それぞれに発達していく乳幼児期だからこそ、時間割りではなく、遊びや活動を子どもが思う存分経験する時間、繰り返し挑戦できる時間を大切にします。様々な学びの機会を偏りなく提供できるよう、保育者が個々の子どものとクラスの様子を見ながら、環境設定や活動や遊びの設定を行っています。

心身が著しく発達し、人としての基礎が育まれる乳幼児期だからこそ、家庭と連携しながら生活リズムを作り、基本的な生活習慣を身につけることを大切にしています。また、人と一緒に食べることを楽しみ、経験を通して食に関心をもつこと、安全意識や危険回避力をつけ、命の大切さを知ることも大切にしています。